法律相談は福岡市早良区藤崎駅の石立法律事務所

債権回収

未払い債権、売掛金の回収

他社や顧客に対する債権が支払われなかったり滞ってしまったりといった未払いに関する問題は、会社の資金面に直結する問題だけに早急に解決する必要があります。債権の性質を念頭に、未払いの原因や回収可能性(相手の資産など)を検討し、対策を決定する必要があります。また、時効の問題などにも注意が必要となります。最終的に、訴訟等の裁判手続きを利用する可能性も視野に入れなければならなくなる場合もあるでしょう。
このような未払いの問題や未払いの問題が発生した際のトラブルを未然に防ぐために、予防策を検討すべきです。具体的には、しっかりとした契約書の作成、担保や保証人の設定などが考えられます。契約書の問題については、契約書作成・チェックのページをご確認ください。
債権回収の問題は、早期のご相談をお勧め致します。


どのような対応が考えられるか

まずは契約の内容や回収可能性を検討しつつ、法的手続きを含めて対応を検討することになります。法的手続きといっても様々なものがあるため、メリットデメリットがありますし、事案によっても対応を変える必要が出てきます。


事前対策

未払いの問題が発生した場合にも、二通りのケースが考えられます。お金がなくて払えないケースと、お金はあるが何らかの理由で払わないケースです。どちらも回収不能を阻止するための予防策として、担保や保証人を付けることが考えられます。しかし、それを要求できるような契約は限られてきます。
そもそもお金がない前者のケースの未払いは防止が困難ですが、後者のケースではしっかりとした契約書を作成し、明確な資料を残しておくことで、請求時のトラブルを未然に防ぐことが可能になります。


取引先からの過剰請求

また、取引先から過剰な請求を受けているという相談も多いように思います。この場合も、債権の回収と同様に、まずはどのような契約だったのかが問題となることがあります。過剰な、あるいは不当な要求を受けた場合には、支払う前に法律の専門家に相談することをお勧めします。