法律相談は福岡市早良区藤崎駅の石立法律事務所

解雇等

従業員が退職するとき

従業員が会社を去る時に、会社とその従業員との間でトラブルになることがあります。問題のある従業員を解雇したがその適法性が争われる場合、従業員の退職が自主退職なのか争いとなる場合、退職金の支払いやその金額が問題となる場合、などです。
トラブルを起こしたり能力が足りなかったりする従業員を解雇した場合や、経営状況の変化から従業員を解雇した場合に、元従業員が解雇は無効であると主張してくることがあるのです。また、従業員との間での話し合いにより円満に退職したと経営者が考えている場合などでも、退職した元従業員との間で争いに発展することがあるのです。


従業員を解雇したときに生じるトラブルとその対応

従業員を解雇した場合に、解雇した従業員との間で、その解雇が法的に有効なのかどうかが争われることがあります。解雇した従業員が、解雇は無効だと訴えてくるのです。違法行為や問題行為により懲戒解雇とした場合や、会社の経営状況の変化により解雇した場合など、色々なケースがあります。従業員との間での話し合いによる解決がつかなければ、裁判などの法的解決が選択されることもあります。
このような争いの対応は、経営者にとって大きな負担となってしまいます。争いが生じた場合には、早めに専門家に相談することをお勧めします。


退職・解雇によるトラブルを防ぐために

解雇・退職の際に生じる問題は、一度発生してしまえばその対応は労力的にも精神的にも大きな負担ですし、金銭的負担が必要となることも少なくありません。トラブルの発生を未然に防ぐための環境整備や事前対策はコストのかかるものですが、トラブルが発生した場合のリスクを考えると会社にとって有益なものだと思います。
職場の環境整備や労務管理は簡単な準備で足りるものではありませんが、就業規則などの各種規程を整備したり、問題を起こした従業員に対しきちんとした指導監督を行ったりするなど、しっかりとした整備・対応をすることで、トラブル発生のリスクを減らすことが可能になります。
石立法律事務所・石立労務管理事務所は、発生してしまったトラブルの対応はもちろんのこと、トラブルの予防も含めて、専門家として誠実に対応いたします。