法律相談は福岡市早良区藤崎駅の石立法律事務所

各種ハラスメント

セクシャルハラスメント

セクシャルハラスメントの問題は、会社にとって当事者間の問題と考えてしまいがちで、そのために対策が遅れたり不十分だったりすることがあります。しかしながら、職場におけるセクシャルハラスメントは、その立場や環境を利用して行われることも多く、会社として発生した場合に適切な対応を取ることはもちろんのこと、しっかりと予防対策を講じておく必要があります。そうでなければ、会社の責任も問題となりかねません。各種ハラスメントの防止は、会社の義務でもあるのです。
会社内でセクシャルハラスメントと思われる事案が発生した場合には、まずは事実関係を確認し、関係者の処分等の対応と再発防止策を講じることが必要となります。専門部署を設けたり、専門家に対応を依頼したりするなどして、適切に対応する必要があります。


パワーハラスメント

性的な言動、行動以外にも、上司や先輩が、その職場内での優位にある地位を背景にして、ハラスメントを行うことがあります。このようなパワーハラスメントも、業務上必要な指導・叱責であるとの考えがあり、会社の対応が遅れたり不十分となったりすることがあります。業務のための適正な範囲内の行為なのかどうか、しっかり事実関係を確認して、その後の対応を検討する必要があります。
パワーハラスメントは、身体的なものだけではなく、精神的なものも含まれます。しっかりとした対応と再発防止策を取ることが重要です。


ハラスメントを防ぐ対策

近年では、セクシャルハラスメント、パワーハラスメントだけではなく、各種ハラスメントが問題となっています。ハラスメントの問題は、会社の責任問題に発展する可能性があるだけではなく、職場環境を悪化させ、従業員のメンタル不全にも結びつく問題です。会社におけるハラスメントは、会社内での地位・力関係を背景に行われることが多いことからも、従業員に対するハラスメント防止のための研修等を実施し、意識を高めることが防止に有益です。
また、ハラスメント禁止を明示した規程の作成や、ハラスメント事案が発生した場合の対応規程の整備なども、ハラスメントの予防と問題拡大の防止に有益となります。
石立法律事務所、石立労務管理事務所では、各種規程等の整備と共に、弁護士や社会保険労務士によるハラスメント防止の講演、管理職・従業員に対するハラスメント防止研修を行っています。